看護師の転職探し最新情報

日本で看護師の再就職の状況

看護師の転職探し1

現在日本国内で、病院のスタッフの不足問題は慢性的として、とくに医師や看護師の不足は深刻であり、すすむ少子高齢化と医療のレベルアップなどが関係しているとも言われています。

少子高齢化では、高齢化というよりもお婆さんの長寿化が問題となり、1970年代に男女の平均寿命が男性72才、女性が77才であったのが、それから40年ほどで、男性は80才、女性が82才と長寿化し、90歳を超える年齢のお婆さんが7000人に到達する勢いで、この状況は世界の取り分け全くめずらしく、日本が長寿大国であることが分かります。

また、長寿化をもたらした原因に医療のレベルアップであり、不治の病という癌が、放射線技術の向上や化学療法に生きる抗がん剤の開発が進んだことや、スーパードクターと言われる神の手を持つ医師など、これらの要因が長寿化を進め、そのため、それを対処する病院でのナースの仕事がハードとして、ナース不足問題としてあるでしょう。

長寿化は、100才にもおよび、65才からをお婆さんとするならば、それから35年間のクラスがお婆さんとなるため、少子化により若者の数が今後どんどんと縮小すれば、お婆さん医療を担うナースは反比例してどんどんと不足するでしょう。

こうした、ナースの不足の対処として、大手病院ではこれらの従事者の雇用に力を入れてあり、最も求人が開けた市場とも言えるでしょう。

看護師の転職探し2

看護師の転職者は数多く、再就職を支援するエージェントなども近年多くなり、事前に登録しておくため、希望の職場や条件等を申し出ておけば、エージェントから紹介というかたちで再就職の支援を受けることとなります。

看護師の職業は、意外にハードで、急患やけが人、外来、手術と医療の最前線で医師のサポートと患者の看護という責任の重い仕事で、また、女性が多い職場としてセクハラやパワハラ、いじめなどの問題も手広く、精神的ダメージを受けるためうつとなる人も多いようです。

求人として開けた市場でも、自身の働きやすい、スキルを決めることが可能な職場で動くには、再就職を支援するエージェントに登録することが良いでしょう。

エージェントは、病院にいい人材を流し込むことがビジネスで、病院へ有能な人材を流し込むため病院からコミッションを通していらっしゃることがあり、その一部が就職祝い金として看護師として再就職が決まった人に契約金が貰えることがあります。

ナースの転職 比較は待遇と勤務条件

看護師の転職探し3

日経平均株価が15年ぶりに2万円台を回復し、日本経済は回復から成長へのステップを踏んである。

景気回復に伴う労働人口の需要増と、少子高齢化とそれに伴う団塊世代の退職で供給減で、小売りや飲食などの接客業から内勤、体力を使う仕事まで、ありとあらゆる分野で働き手を求めてある。

また、日本は男女ともに世界随一の平均寿命を誇る長寿社会で、医療や衛生管理の技術は海外からも注目を集めてあり、政策的にも成長分野とされています。

医療現場を助けるナースは、国家資格と専門知識が必要ですが、病院などの医療施設のほかにも、クリニックの医療スタッフなど、活躍の場所はますます広がってある。

ナースの転職で重要なポイントは、給与などの待遇面と、夜勤などの勤務条件だ。

入院病床があり、夜勤もある総合病院と、入院病床がなく、定時勤務のクリニックの給料を単純に比較することには意味が有りません。

看護師の転職探し4

夜勤などの時間的に家庭との両立がむずかしい勤務や、体力によって、自分自身が年齢を重ねるとともに仕事の負担が大きくなり、結婚や出産などの転記で退職、引退をする人も少なくありませんが、せっかくの国家資格と専門知識に、それまでの経験を加えて、余裕職場に転職をするという選択肢もあります。

一見して高額な給料も、夜勤が多くて家庭やプライベートとの両立が耐え難い職場や、給料はあんまり高くなくても、勤務環境が、時間的にも体力的にも余裕場所もあります。また、医療スタッフの仕事は、他の仕事と比べて、資格と専門知識は必須条件として持ち合わせることが前提であり、就職してからは、医療器具や薬品の保管場所などは教えてくれても、教育、研修環境が大して整っていないことも少なくありません。

そういった場所で動くためには、はたらく側も現場での経験やスキルを求められています。

ナースの転職の比較は、勤務地や給料などの文字で知る情報だけでなく、実際の勤務環境や、求められるスキルとのマッチングが重要です。

就労の環境と、必要とされるスキルにミスマッチがあると、ようやっと就職しても長く積み重ねることは難しくなってしまう。出社帯に、医療スタッフが何人で、医師の常駐はあるかなども知っておくと安心です。

そのため、医療スタッフ専門の人材紹介などの人事サービスも発達しているので、登録や利用をすると有効です。

せっかくの資格と知識と経験を、ある程度最適の環境で使いこなすためのエージェントが必要です。

ナース求人サイトによる際は、比較して利用すると安心です

看護師の転職探し5

病気やけがを負ってしまった人を看護する仕事に、小さな頃からあこがれを持っていたという人も断じて少なくありません。

昔からの夢をかなえて、ナースになったという人も多い仕事だ。

けれども実際にはそうしたあこがれだけでは務まる仕事ではなく、終始仕事に関して目新しい知識を吸収し積み重ねることが求められるのと同時に、毎日人の生命と向き合う仕事は、緊張の連続であるは間違いありません。

かりに毎日の仕事が充実してあり、職場で動くことに働きがいを感じているとしても、それほど転職に対する関心を持っていないということではありません。

たとえば今以上のキャリアアップを求めている場合や、家庭環境が変わったことでより働きやすい職場に転じたいについてなど、さまざまな理由が転職への希望につながることも多いのが現実です。

けれども新職場に変わるため、その夢をかなえ、希望する職場で動くことができたという人もたくさんいます。

ナースという仕事は、ずっと求人が多い仕事のひとつであるため、多様な方法での転職活動が可能です。

さまざまな媒体での求人広告やあるいは紹介によるものなど、各種方法によって、転職活動を行うことができます。

けれども後になって転職したことを後悔することがないようにするためには、その職業をしばしば把握してあり、また転職に関する情報が集積されていらっしゃるような、ナースのための求人サイトを選ぶことが大切です。

最近では職種ごとにターゲットを絞り込んだ求人サイトが増えてきてあり、ナースの求人を専門としたサイトも多数運営されるようになりました。そうしたサイトにはそれぞれに特徴があるため、利用するメリットを十分に比較した上で、自分に当てはまるサイトを見つけ、利用することが大切だといえます。

またいつも人の生命に拘わる仕事であるため、その仕事に日々邁進することができるよう、なるべく仕事上の影響が出ないように、転職活動を行うことも心がけておきたいことです。

最近ではナースを専門とした転職サイトも増えてきています。それぞれに特徴のあるサイトが運用されているため、利用する際には躊躇うこともあるでしょう。

実に転職活動に利用する際には、サイトごとにどういう特徴があるのかを比較した上で利用することが大切です。

多くの求人サイトの中から、自分の転職条件に合った求人サイトを選び、利用することで、悔いのない転職活動をすることが可能になるといえるでしょう。

看護師は女性がキャリア形成し易い職業だ

看護師の転職探し6

女性は男性と違って一般的にキャリアを形成して行くことが難しいと言われています。それは何故かと言うと、女性は男性と違って人生の中で断じて仕事を辞めなければいけないイベントというのが沢山発生するからなのです。

例えば結婚や妊娠や出産や育児等が挙げられます。

男性の場合はこれらが理由で会社を諦めるはほとんどありませんが、女性の場合はこんな人生のフェスティバルがやってくる度に、仕事を続けていくべきか退職するべきかの決断を迫られることになるのです。

なので一般的に男性よりも女性はキャリアを長期間に渡って安定して形成して行くことが難しいのです。

しかしそれは飽くまでも一般職に限った話なのです。

例え女性であっても社会的に地位のある仕事に就いている人の場合、結婚や妊娠や出産や育児等でちょっと職場を降りる必要が出て来たとしても、再度以前の職場に戻ってキャリアを続けて形成して出向くことは耐え難いことでも何でもないのです。

例えば看護師の仕事等は正しくそのことがきちんと当てはまります。

一般的に看護師として勤める人というのは、女性であっても結婚や妊娠や出産や育児で職場です病院やクリニック等を去るはあまりありません。

何故なら医療業界においては絶えず人材不足であり、例え一時的に職場を去ることになった女性であっても、いつでも舞い戻る場所が確保されているからなのです。

一般の企業であれば例え運よく復帰することが出来たとしても、休職前と断じておんなじ仕事を任せてもらえなかったという話はよく聞くことなのです。

そして居心地が段々と悪くなって、事実上の退職に追い込まれて仕舞う人というのも多いわけです。

何故なら一般の企業においては休職した女性の代わりに陥るような人材は日に日に存在するからなのです。

なので一般企業で働いて掛かる女性というのは、キャリア形成が難しいとされています。

ところが看護師の場合はとっても逆で、例え長期間の休職者であったとしても、いつでもウエルカムなのです。

なので女性であっても長期間に渡ってキャリア形成を通して行くことが出来るに関してなのです。

このように看護師の職場環境については、非常に恵まれているということが言えます。

むずかしい国家資格に合格する為に勉強するだけの価値は十分にいらっしゃるということなのですね。

本当に看護師資格を持っている女性ほど力強いものはありません。

不況に関係なくいつでも就職頂けるからなのです。

看護師のお給料は高額です

看護師の転職探し7

一般的なOLのお給料の額というのは、ほとんど多くはありません。

勿論勤める場所にもよりますが、大体都市も手取り20万円にも満たないという会社がほとんどです。

田舎等に行けば手取り12万円にも満たない会社もいくらでもあるのです。

このように、世間一般的女性はどうしても少ない額で生活していかなければいけないものなのです。

それゆえについに多少なりとも年収を上げようと、多少なりとも地位のある仕事を探そうとする女性が多くなるのです。

ところで女性でも高額なお給料が貰える仕事として有名な看護師は大体如何程毎月貰っているのでしょうか。

これももちろん場所にもよりますし、勤務している病院やクリニックによってもなるものですが、最低でも大体毎月額面30万円程度は貰えていらっしゃることが多いです。

普通の会社で動くOLと比較すると、大体倍くらい貰っているのが看護師達ということになります。

当然看護師の仕事は命を立ち向かう責任の重い仕事ですので、額面30万円はさほど高い額であるとは言い切れないものですし、看護師自身も必ずその額に納得していらっしゃるわけではありません。

しかし額面30万円というと十分に女性一人でも食べていける額であり、男性並みの額であるとも言うことが出来ます。

それゆえ自立も簡単に出来ますし、万が一離婚等を通してシングルマザーになってしまったとしても、十分に看護師の仕事一本で生活をして行くことが適うのです。

額面30万円はそういうことなのです。

なので世間一般的会社で動くOL達は、ナース達の高額なお給料にずっと憧れて要るものなのです。

なので看護学校の卒業生でなくとも国家資格の取得にかけて奮起する人達が、最近は増えてきているのです。

しかし当然いかに高額のお給料が貰えるからといっても、ずいぶん手強い医療業界への貢献の気持ちがなければナースとして行ない積み重ねるは出来ないものです。

なのでナースを目指すのであればそれこそ一生を医療業界で働いてやり過ごすのだとの著しい決意でもって目指していかなければいけません。

さもなければ中途半端に終わってしまうことになるからです。ナースを引退してしまってからの再就職は非常に凄いものです。

だからこそ安易にお給料の額だけにひかれてナースを目指すべきではないのです。徹頭徹尾医療業界で働きたいという硬い気持ちがある人だけが目指すべき業界なのです。

ページの先頭へ